ワタキューセイモア株式会社

ワタキューグループの沿革

主な沿革

1872年 10月 村田久七製綿業を始める
1909年 3月 製綿工場建設
1950年 2月 綿久製綿(株)設立村田清次代表取締役社長就任
1962年 7月 病院基準寝具業者となり綿久寝具(株)設立
1971年 4月 沖縄綿久寝具(株)設立
1972年 9月 日清医療食品(株)設立
1973年 1月 綿久リネン(株)設立
1981年 9月 村田秀太郎が代表取締役社長就任
1982年 10月 創業110年を迎える
1983年 11月 医療・福祉関連商品の販売・院内売店運営事業を目的にセンチュリーヘルティ(株)を伊藤忠商事と合弁で設立
1990年 10月 医療廃棄物の処理管理事業を目的にメディポートシステム(株)を伊藤忠商事と合弁で設立
福祉機器と介護用品レンタルサービス・シルバーマーク認定を受ける
1992年 7月 CI導入により綿久寝具(株)からワタキューセイモア(株)に社名変更
寝具類洗濯業務・医療関連サービスマーク認定を受ける
10月 創業120年を迎える
12月 保険薬局「ワタキュー薬局」1号店開設
1994年 12月 オーストラリア方式老人介護施設コンサルティングを目的に(株)ワタキューライフケアデザイン設立
1995年 11月 駅型保育モデル事業として仙台駅前にワタキューキンダーハイム開設
1997年 8月 安道光二が代表取締役社長就任
2000年 4月 医療用寝具関連製品メーカーである(株)オムニ商会がワタキューグループの傘下に
8月 医療・福祉業界に特化した人材の紹介・派遣事業(株)メディカル・プラネット設立
2001年 2月 福祉用具のレンタル販売事業を分社化し(株)ハートウェル設立
2002年 1月 保険薬局事業をセンチュリーヘルティ(株)に統合し、同社を(株)フロンティアに社名変更
8月 医療関連サービスのトータルコーディネート業務を行う(株)セイモア設立
10月 創業130年を迎える
医事関連業務・医療コンサルティングの(株)コモサをワタキューグループ傘下に
2004年 2月 院内清掃業務医療関連サービスマーク認定を受ける
2005年 8月 ISO品質マネジメントシステム(ISO9001:2000)全社拡大認証取得
2007年 6月 院内滅菌消毒業務医療関連サービスマーク認定を受ける
7月 メディポートシステム(株)を吸収
2008年 4月 (株)ワタキューライフケアデザインを吸収
2009年 12月 京都市立病院整備運営事業の特別目的会社(株)SPC京都設立
2010年 9月 (株)メディカル・プラネットが(株)コモサから事業を承継
11月 古久根建設(株)がワタキューグループの傘下に
2011年 4月 ワタキューグループ研修センター「一心館」開校
ワタキューキンダーハイム認可保育所として開設
2012年 10月 創業140周年を迎える
2013年 4月 (株)フロンティアに(株)ハートウェルを経営統合存続会社を(株)フロンティアに
2015年 1月 (株)メディカル・プラネットが(株)セイモアから事業を承継
2016年 4月 ワタキュー保育園北四番町開設
ワタキューデイサービスセンター・暮らしの応援センター開設
9月 安道光二が代表取締役副会長就任、村田清和が代表取締役社長就任
2017年 4月 サービス付き高齢者向け住宅「トートイス京都桂川」開設
11月 安道光二が旭日小綬章を受章
12月 プライバシーマークの認証取得〈25000107〉
2018年 2月 安道光二が代表取締役会長就任
4月 本社・近畿支店所在地に、「ワタキュー歴史資料館」を開設
PAGE TOP