CSR

地球とともに:資源リサイクル - 目標は「紙おむつ to 紙おむつ」

高齢化社会の進行にともない、その使用量が増加している紙おむつ。介護施設や家庭から出る使用済み紙おむつの処理という問題に自治体は直面しています。ごみとして焼却するのではなく、資源とすることで、CO2の削減など様々な環境負荷の低減を目指すという画期的な取り組みが始まっています。ワタキューセイモア九州支社が一部出資している紙おむつのリサイクル施設であるトータルケア・システム株式会社 大牟田工場をご紹介します。

1日10万枚の紙おむつを処理

「樹齢15〜30年の針葉樹からとれた良質のパルプが紙おむつの原料。たった1回の使用でごみとして焼却してしまうのはもったいない。リサイクルができれば、省資源・ごみの減量・温暖化防止にもつながる」。紙おむつなどを販売する会社を経営していた、長武志社長の熱い思いから、紙おむつの素材を分離・回収する、水溶化処理システムを考案。福岡県・福岡大学との共同研究を経て、2000年 産学官共同研究開発事業の認定を受け、2001年 事業会社 トータルケア・システム株式会社を設立、2002年「使用済紙おむつの使用材料の再生処理方法」の特許取得、2003年 大牟田エコタウン立地協定締結、水溶化処理プラントを建設し、2005年、全国初の事業として「紙おむつリサイクル」をスタートしました。

現在は、福岡・佐賀・鹿児島などの230の医療機関、福祉施設と、福岡県大木町(自治体)から紙おむつを受け入れており、1日最大20トン(約10万枚)の処理能力のプラントを稼働させ、再生パルプは建築資材の原料などになっています。

ワタキューグループは、病院さまや施設さまのリネン類を繰り返し清潔に甦らせてお使いいただくというリサイクルの観点に立っています。また全国で大量の紙おむつを扱う事業を展開していることから、省資源や環境負荷の低減などの社会的課題の解決への意義を強く認め、その趣旨に賛同し、ワタキューセイモア九州支社は、トータルケア・システム株式会社に一部出資し、使用済み紙おむつの収集・運搬で協力させていただいています。

環境課題の解決に

国内の紙おむつ生産量は、特に大人用で10年前の1.6倍と急増しています。使用量も高齢化社会の進行とともに増加し、2012年に排出された紙おむつは約145万トン、2025年には 約250万トンに上ると試算されます。使用済み紙おむつは、そのほとんどが焼却処分され、燃やすごみ総量の10%近くを占める自治体が増えてきています。

水溶化処理システムによるリサイクル処理をすることで、パルプ資源の確保ができ、焼却処理に比べて、二酸化炭素の排出を約40%削減できると学会で発表されています。再生パルプの純度は高く、再生紙おむつの試作品もできています。将来的には、「紙おむつ to 紙おむつ」を目指しています。

※水溶化処理
紙おむつを水と薬品を用いて組成別(パルプ、不織物、高分子吸収材)に分離するマテリアルリサイクル。

環境事業から福祉事業、地域創生へ

現在、使用済み紙おむつの排出量の内訳は、家庭系70%、医療系30%と言われています。

「ごみゼロの町」を目指す福岡県大木町では、2011年10月、自治体では全国初の試みとして、家庭から出る紙おむつの分別回収をスタート。トータルケア・システム株式会社と連携し、リサイクルシステムの構築を実現しています。また高齢者が指定ボックスまで運べないという問題が生じたことから、町がシルバー人材センターに委託して家庭まで出向いての回収支援を始め、さらに包括支援センターと情報を共有して、高齢者の見守り体制を強化するなど福祉サービスとしての効果も生み、元気な高齢者(シルバー人材)の新たな生甲斐、目標になるなど、超高齢社会ならではの社会システム構築につながっています。

2015年10月からは福岡県みやま市でも家庭系紙おむつのリサイクルがスタートしています。また、大都市圏においては、2013年7月、福岡県と福岡都市圏17自治体が連携して「福岡都市圏紙おむつリサイクル検討委員会」が開かれています。

環境にやさしい紙おむつリサイクルシステム

再生された資源

  • エコパルプ:回収した紙おむつを処理し、再生したパルプ
  • 廃プラスチック:紙おむつを分別処理して取り出したプラスチック
  • 再生紙おむつ:試作品
NEXT:お客さまとともに:食の安全・安心 お客さまの信頼と満足を得る心のこもった食事サービスを提供します。

ページトップへ戻る